エー・アンド・デイ情報マガジン『WAY』

VOL.21 2019.OCTOBER 株式会社MIND様

ユージングシーン
X線検査機 AD-4991-2515
金属検出機 AD-4971-3517
ウェイトチェッカ AD-4961-6K-3050
プッシャータイプ選別機 AD-4983-3050

右からA&製 X線検査機 AD-4991-2515・金属検出機 AD-4971-3517・ウェイトチェッカ AD-4961-6K-3050・プッシャータイプ選別機 AD-4983-3050

HACCP(注1)対応のために、
X線検査機や金属検出機の導入は当たり前のこと!
安心できる食品の提供により、自然環境と命を守ります。

株式会社MINDにインタビュー

横浜市の港湾地区にセンターがあり、輸入食品を即保税、ワンストップで検品し、消費者にお届けしているMIND様。
それぞれの商品に合った温度帯と常に安心・安全の管理が徹底された環境で、機械と人の目で確実なチェックをしながら、CO2削減を推進していらっしゃいます。

インタビューいただいた株式会社MIND 代表取締役社長 井上様の画像

株式会社MIND
代表取締役 社長
井上 大右様

大手の食品流通会社様や飲料メーカー様から「MINDで」と指名していただいています。

インタビュアー 貴社の事業内容を簡単に紹介してください。
井上社長 パルプ(注2)選別事業、青果パッケージ化事業、オーガニック小分け事業が3本柱です。いずれも輸入品を最短距離の横浜で検査→小分け→梱包→出荷までワンストップで行い、日本全国に向けてご提供しています。 長年培ってきたロジスティクスのノウハウと情報網を活かすことで、CO2削減により自然環境保護に貢献することが弊社の使命だと考えています。また、物流コストがかからない、輸送による商品の傷みなどのロスが少ないなど「輸入品の地産地消」のメリットもありますね(笑)。
インタビュアー 検査や衛生管理の取り組みを教えてください。
井上社長 弊社はお客様に安心していただくために、有機JAS(注3)を取得しています。有機JASは適切な管理を行っている事業者のみが取得することができ、認定を受けた小分け事業者のみがJASマークを付けることができるのです。また、自社にクリーンルームを設備しており、常に品質の管理が徹底された環境で、機械と人の目で確実なチェックを行っています。

「すぐに食品検査機がほしい」と言ったら、1か月かからずに納入してくれました。

インタビュアー A&Dの食品検査機を導入していただいた目的を教えてください。
井上社長 HACCPへの対応ですね。どれだけがんばっても人の目には限界がありますので、HACCP対応のためにX線検査機や金属検出機の導入は当たり前のことだと思います。
実際にA&Dさんの検査機を導入したことにより、人の目では見つけることができなかったアウト品を発見できることがわかりました。
インタビュアー 以前から、A&Dが食品検査機を製造していることをご存じだったのですか?
井上社長 3年ほど前にA&Dさんの金属検出機のカスタマイズ品を導入して以来、毎日使っていますので信頼しています(笑)。
弊社の取引先の日神車輌さんに「すぐに食品検査機がほしい」がほしいと言ったら、A&Dさんの標準品なら即納できるとのことで、1か月かからずに納入してくれました。この早さには驚きましたね(笑)。
インタビュアー 検査機の使い勝手はいかがでしょうか?
井上社長 1000アイテムもの大量の商品を画像と合わせて登録でき、また直観的に簡単に操作できるのが大きなメリットですね。
取扱説明書を読むことが困難な外国人の従業員が多いのですが、操作方法をあまり詳しく説明しなくても、安心して操作してもらえています。
どんなに高性能な機械でも、最終的には使う人によって検査精度が決まりますので、従業員が使いやすい機械を選んでよかったと思っています。
インタビュアー 外国人の従業員が多いのですか?
井上社長 200名くらいの従業員のうち、70%くらいがベトナム人です。あとはフィリピン、中米などですね。みんな、とても真面目でがんばって働いてくれて助かっています。
実は先日、特にがんばってくれている20歳代のベトナム人を取締役に抜擢しました。
また、慰安旅行や社内運動会、鍋パーティなど、昭和時代のウェット感で社員を大切にしています。このような取り組みが、従業員の励みになっていると思います。
人手不足が話題になることが多い食品業界ですが、弊社はいままで人手不足に困ったことがないんですよ(笑)。

食品の安定化と自然環境保護のため、できることは全部やります!(笑)。

インタビュアー 貴社のこれからの目標を教えてください。
井上社長 いままで行ってきたことを確実に継続して、シームレスな状況をつくっていきたいと考えています。食品を安定化させ、ロスを減らすことがCO2の削減にも貢献します。
そのためには、加工、生産、販売の各場面におけるトータルでの安全性を追求していきます。できることは、全部やりますよ!(笑)
インタビュアー 本日は貴重なお話をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。

(聞き手:株式会社エー・アンド・デイ 営業企画部)

お客様情報

株式会社MIND
本社
神奈川県横浜市中区相生町6-113 オーク桜木町ビル7階
大黒センター
神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭15-1 ユニエックス4階
設立
2008(平成20)年9月2日
事業内容
パルプ選別事業/青果パッケージ化事業/オーガニック小分け事業
URL
http://mind-fruit.jp/index.html
株式会社MIND 外観画像

お使いいただいているA&D製品

食品検査機 X線検査機 AD-4991シリーズ

高感度異物検査で、製品の安心と安全をサポート

  • 見やすい15インチカラータッチパネル
  • 1,000品種登録(画像データも一緒に保存)
  • どなたでも使いやすい、直観操作
X線検査機 AD-4991シリーズの製品画像
金属検出機 AD-4971シリーズ

人体への危険性が高い金属異物を検出・排除
業界唯一の脱酸素剤仕様もご用意

金属検出機 AD-4971シリーズの画像
ウェイトチェッカ AD-4961シリーズ